iPhoneのパスコードを忘れた時の対処方法

iPhoneのパスコードを忘れた時の対処方法

最近のiPhoneはロック解除の時など、指紋認証が当たり前になってきていますね。

とはいえ、何らかの設定変更の際には、パスコードを求められることが多いです。でも、普段から指紋認証ばっかり使ってると、ついついパスコードを忘れてしまいがち。

というワケで、この記事ではパスコードを忘れてしまった場合の対処方法について解説していきます。

パスコードを忘れたら?→ ただちにiPhoneを初期化してください!

iPhoneのパスコードがわからなくなってしまった場合は、ちょっと面倒ですがiPhoneを初期化しなければなりません。

個人的には、この程度のことでいちいち初期化するのかよ、と思わないでもないですが、ま、これがAppleの方針なので仕方ありませんね。

iPhoneを初期化した後は、バックアップデータがあればそれを使って復元できますが、バックアップデータがない場合は、全てまっさらの状態からiPhoneを使っていくことになります。

iPhoneを初期化してパスコードを再設定する手順

基本的にはiTunesを使って初期化するんですが、「iPhoneを探す」をONにしたままだと、iCloudで初期化する方法しか使えません。

まあ基本的にほとんどの人は「iPhoneを探す」をONにしていると思うので、まずはiCloudで初期化する方法から説明します。

「iPhoneを探す」がONの場合は、iCloudで初期化する

PC(MacやWindows)で、https://www.icloud.com/#findのページにアクセスします。

iCloudにログインすると、自分の端末の場所がMAP上に表示されるので、初期化したい端末を選択し、「iPhoneの消去」をクリック。

あとは指示に従って作業をすすめていけば、iPhoneの初期化が完了します。

iTunesでiPhoneを初期化する

iTunesで初期化する場合、以前にiPhoneとiTunesを同期させているかどうかでやり方が変わってきます。

■ iTunesで初期化・復元をする(以前に同期していた場合)

iTunesを起動し、PCにiPhoneを接続します。この時、自動同期がONになっていれば、自動でパックアップデータの作成が始まります。

自動同期がOFFの場合は、手動でバックアップデータを作成します。

バックアップデータの作成が終わったら、「iPhoneを復元」をクリックし、iPhoneの初期化・復元を行います。

■ iTunesでリカバリーモードを使用して初期化する

iTunesを起動し、PCにiPhoneを接続します。

iPhoneをPCに接続したまま、強制再起動させます。やり方は機種によって異なります。

※iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plus:音量を上げるボタンを押して、すぐに放す。続けて音量を下げるボタンを押して、すぐに放す。最後に、リカバリモードの画面が表示されるまでサイドボタンを押し続ける。

※iPhone 7/7 Plus:音量を下げるボタンと電源ボタンを同時に長押しする。

※iPhone 6s/6s Plus/SE,それら以前の端末:iPhoneのホームボタンと電源ボタンを同時に長押しする。

Appleロゴの後にリカバリーモードの画面に切り替わったら、ボタンを離しても大丈夫です。

次にiTunesにポップアップウインドウが表示されるので、「復元」をクリックしてiPhoneを初期化します。

iTunesで数GBのデータをダウンロードするので、少し時間がかかります。もしダウンロード途中でリカバリーモードが切れてしまったら、端末を強制再起動させるところからやり直します。ちょっと面倒ですが。

 

とりあえず、iPhoneの初期化が終われば、パスコードを再設定できるので、今度は忘れないようにどこかにメモするなりしておきましょう。お疲れ様でした。

Tipsカテゴリの最新記事