中古iPhoneの売買ではアクティベーションロックに注意!

中古iPhoneの売買ではアクティベーションロックに注意!

iPhoneに標準で付いているセキュリティ機能として、アクティベーションロックというものがあります。

これは、自分のiPhoneを失くしたり、盗難されてしまった場合、自分以外の人間にiPhoneを使用させないようにする事ができる機能で、非常に効果の高いセキュリティ機能になっています。

アクティベーションロックを設定するには、一般設定→ 自分のAppleID→ iCloudの「iPhoneを探す」をONにすれば設定完了です。これで、万が一の時でも第三者に自分のiPhoneを勝手に使われずに済みます。

このようにとても有意義なアクティベーションロックですが、時にこの機能が面倒な事態を引き起こしてしまうことがあります。それは、iPhoneを売却して誰かに渡す場合や、中古ショップやオークションサイトなどで中古のiPhoneを購入する場合です。

中古iPhoneを購入したら、アクティベーションロックがかかっていた!

中古のiPhoneを購入する場合、最も気を付けなければならないのがアクティベーションロックが解除されているかどうか、という点です。アクティベーションロックがかかっていた場合、ホーム画面にたどりつく事が出来ず、iPhoneを使用する事はできません。

なので購入する前には、必ずアクティベーションロックが解除されているかどうか、しっかり確認しましょう。中古ショップの店頭販売やオークション出品では、きちんとアクティベーションロックが解除されているかどうかは明らかにされているので説明文をしっかり読みましょう。

メルカリなどでは、基本的にアクティベーションロックのかかったiPhoneを売ることは規約違反になっているんですが、たまに出品者がロック解除を忘れていたりして、買ってみたらアクティベーションロックが解除されていなかった、というケースがあるようなので、買う前に出品者に確認をとりましょう。

もし、自分の購入したiPhoneにアクティベーションロックがかかっていたら?

解決方法は2つ。前の持ち主に連絡をとり、ロックを解除してもらうか、あるいはあきらめてジャンク品として売却するか、このどちらかしかありません。

前の持ち主に連絡してロック解除に協力してもらう

基本的に中古で買った端末は初期化されているので、最初に色々と設定をするところからスタートになります。この時、アクティベーションロックがかかっている端末だと、AppleIDとパスワードの入力を求められます。これは、以前にこの端末を使っていた人のAppleIDとパスワードでないとだめです。

なので、前の持ち主からAppleIDとパスワードを教えてもらって、自分でロックを解除する、ということになるんですが…多分、相手は嫌がったり、渋ったりしますよね。

そういう場合は、前の持ち主のAppleIDから、自分が購入したiPhoneを削除してもらいたい、と伝えましょう。これなら、相手も嫌がらないと思われます。

■ AppleIDからデバイスを削除する方法(iPhone、iPAD)

設定画面→ 自分の名前→ AppleIDの画面を表示すると、今使っているAppleIDに紐づけられている端末が一覧表示されます。

その中から、削除したいデバイスを選んでタップすると、その端末の詳細情報が表示されます。そのページの下の方に、「アカウントから削除」という項目があるので、それをタップ。これでデバイスの削除は完了です。

■ AppleIDからデバイスを削除する方法(iTunes)

iTunesを起動し、アカウント→ 「マイアカウントを表示」をクリックします。

アカウント情報が表示されるので、その中の「iTunes in the cloud」の項目にある「デバイスの管理」をクリックします。

すると、今使用しているAppleIDに紐づけされているデバイスが表示されるので、削除したい端末の右側に表示されている「削除」ボタンを押す→ 完了 でデバイスが削除されます。

もし、前の持ち主がやり方がわからないようでしたら、上記の内容を伝えてやってもらいましょう。直接このページのURLを伝えて、この記事を見てもらうというのもいいかもしれません。

前の持ち主のAppleIDと、あなたが購入した端末との紐づけが解除されれば、無事アクティベーションロックは解除されます。

上記で紹介した以外の方法でアクティベーションロック解除するには、業者にお金を払ってやってもらう、端末に登録されているAppleIDをAppleサポートセンターに連絡して、AppleIDを削除してもらう等の方法があります。

しかしこれらの方法には問題があります。

まず、AppleIDの削除には非常に手間がかかり、Apple側もそう簡単には削除させてくれません。手続きが非常に面倒です。それに、前の持ち主がそんな面倒な事をしてくれるワケもないでしょう。

それから業者に頼んでロック解除をしてもらう方法ですが、料金はあまり安くはなく、数万円程度とられるようです。せっかく中古で安く手に入れた端末に、ロック解除だけでさらに数万円の費用を使うというのも、本末転倒ではないでしょうか。

このように、アクティベーションロックをかけたまま端末の売買を行うとトラブルの元になるので、売り手・買い手ともに気を付けて取引に取り組みましょう。

アクティベーションロックでのトラブルを避けるには、どこで中古のiPhoneを買えばいいのか

もし、あなたの買ったiPhoneにアクティベーションロックがかかっていたら?考えるだけでぞっとしますよね。できれば、そんな心配のない所で購入したいところです。

このようなトラブルを避けるには、万が一、アクティベーションロックがかかっていた場合、返品や返金に応じてくれる所で購入するのがベストでしょう。大手の中古ショップなら、基本的に返品・返金に応じてくれます。レシートや購入明細は必ず捨てずに持っておきましょう。

その点で考えると、ネットオークションなどでの購入は出来るだけ避けた方が安全だと思います。オークションでの購入は、返品や返金は基本的にNGなので、なんの保証もありません。

個人的におすすめなのは、アマゾンのマーケットプレイスでの購入です。

マーケットプレイスは色んな業者が出品していて、中には怪しい業者も居たりするのである程度の注意は必要ですが、アマゾンは基本的に買い手を保護してくれるので、マーケットプレイス保証を申請すれば返金に応じてくれます。

業者に対しても、過去に利用した事のある人達から結構容赦のない評価がつけられたりしているので、販売者の評価をしっかりチェックして、やばそうな販売者から買うのを避ければ大丈夫です。

とにかく、iPhoneを中古で買う場合は、なるべく返品や返金に応じてもらえる所で買うようにしましょう。それがベターな買い方です。

 

Tipsカテゴリの最新記事