G-call 10分かけ放題と組み合わせるのに最適な格安SIMを考察してみた

G-call 10分かけ放題と組み合わせるのに最適な格安SIMを考察してみた

MVNO(格安SIM)ブランドには、あまりお得な通話割引がありません。この点だけはキャリア3社にはかなわない部分ですね。

そのかわりに、5分(10分)かけ放題というオプションがあったりしますが、全てのMVNOブランドにこのサービスが提供されているワケではなく、一部のMVNO(格安SIM)に限られています。

5分(10分)かけ放題サービスがないMVNO(格安SIM)ブランドにうってつけのサービスが、実はあります。それが「G-call 10分かけ放題」です。

G-call 10分かけ放題について

出典:G call公式

G-call 10分かけ放題は、月額800円で10分以内の通話がかけ放題になるサービスです。

一般的にMVNO(格安SIM)各社の提供している5分(10分)かけ放題は、800円以上の料金設定になっている所が多数です。G-call 10分かけ放題の方が、若干ですがお得に利用できます。

このG-call 10分かけ放題は、格安SIM業者とは別の会社(G-call)と契約する形になります。なので通話料の支払いはG-callに払うことになり、トータルの電話代の把握がちょっと面倒になってしまうというデメリットが発生します。

欠点はありますが、安価にかけ放題サービスが利用できるし、かけ放題のみを解約したい、という時のことを考えると、G-callの方が簡単にサービスの解約ができるというメリットがあります。

↓↓G-call 10分かけ放題の申込みはこちらへ↓↓

G-call 公式

G-call 10分かけ放題と格安SIMの組み合わせの例

G-call 10分かけ放題+UQモバイル

UQモバイルはauのサブブランド的な存在のMVNO(格安SIM)で、キャリア並みの通信速度の速さを誇っています。

UQモバイルにも、5分かけ放題がついたおしゃべりプランがありますが、色んな割引を適用させないと割安にならない料金プランです。基本的に端末とSIMのセット購入が前提の、2年縛りの料金プランなので。

それよりも、データ通信3GB/月+音声通話SIMの「データ高速+音声通話プラン」(1680円/月)の方がオススメです。

G-call 10分かけ放題+UQモバイル「データ高速+音声通話プラン」= 月額2480円 で、10分かけ放題と3GB/月のかなり速いデータ通信が利用できます。

この組み合わせは、通話をそこそこ使う人で、通信速度重視で、データ通信量が月3GBくらいで収まる、という人向けの組み合わせです。

※UQモバイルについては、こちらの記事で詳しく解説しているので気になった方は一読願います。



G-call 10分かけ放題+エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、ユニークな従量制の料金プラン・最適料金プランを提供しているドコモ回線系のMVNO(格安SIM)ブランドです。

この最適料金プランは、データ通信の費用が使った分だけ請求される、という仕組みになっていて、あまりデータ通信をしない人なら効果的に月額料金を安くできてしまうというプランです。

エキサイトモバイルには、残念ながらかけ放題などの通話割引サービスがありません。なのでエキサイトモバイルの最適料金プランを利用したいと考えていて、かけ放題もあったらいいな、と考えている人にはG-call 10分かけ放題を強くオススメします。

G-call 10分かけ放題+エキサイトモバイル「最適料金プラン」= 月額1500円+使ったデータ通信費 で、通話をそれなりに利用しつつ、あまりデータ通信しない月は料金をかなり安くできる、という組み合わせですね。



G-call 10分かけ放題+DMMモバイル

DMMモバイルは、MVNO(格安SIM)の中では月額料金が他社よりも少し割安なMVNOブランドです。回線はドコモ回線を使用していて、データ通信量のプランの数の多さが特徴です。

一応、10分かけ放題のオプションがありますが、料金が850円/月なのでG-call 10分かけ放題を利用した方がお得です。

G-call 10分かけ放題+DMMモバイル シングルコース2GB= 月額2180円 で10分かけ放題と、月2GBまでのデータ通信が利用出来ます。

DMMモバイルのシングルコースは、データ量の変更はいつでもできるので、少なめのプランで契約しておいて、足りないようだったらプランを変更する、という使い方ができます。

 


G-call 10分かけ放題+NifMo

NifMOはややマイナーなMVNO(格安SIM)ブランドですが、ドコモ回線系の中ではわりと通信速度が速いのが特徴です。

料金プランはベーシックなプランで、特別ユニークなオプションサービスはありませんが、一応NifMoにも10分かけ放題があります。

が、やはり利用料金が830円/月と、多少G-call 10分かけ放題の方が安いので、かけ放題はG-call 10分かけ放題を利用しましょう。

G-call 10分かけ放題+NifMo 音声通話SIM 3GB= 月額2400円 で10分かけ放題と、データ通信3GBが利用できます。

この組み合わせは、それなりに通話を利用する人で、ドコモ回線でそこそこ速い速度で利用したい、という人向けの組み合わせです。

上記以外のMVNO(格安SIM)との組み合わせについての考察

僕が個人的に気に入っていてオススメしたいMVNO(格安SIM)ブランドも色々とあるんですが、残念ながらG-call 10分かけ放題と組み合わせてもあまりお得にならないものがありました。その事例を上げたいと思います。

■ BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルには、月額480円で対象の動画・音楽コンテンツがカウントフリーになる「エンタメフリーオプション」があります。(エンタメフリーについては、こちらの記事で詳しく解説しているので気になった方は一読願います)

かなりオススメのオプションで、実際に利用者からも評価の高いサービスなので、BIGLOBEモバイルSIMとG-call 10分かけ放題との組み合わせも考えてみたんですが…

実はBIGLOBEモバイルにも10分かけ放題があり、料金は830円/月なんだけど、超過分は30秒/9円と微妙にG-callよりも安い設定。

さらに、BIGLOBEモバイルには3分かけ放題のサービスもあり、こちらの料金は600円/月になっています。

エンタメフリー+かけ放題を考えているなら、あえて3分かけ放題にしてしまうのもありかも。長電話しなけりゃいいワケだし。

と考えると、BIGLOBEモバイルについてはG-callの10分かけ放題を利用するメリットはあまりないな、という結論に。

■ 楽天モバイル

楽天モバイルでオススメできるのはスーパーホーダイだけ、と言っても過言ではないくらい、スーパーホーダイはある意味すごいサービスです。(スーパーホーダイについては、こちらの記事で詳しく解説しているので気になった方は一読願います)

スーパーホーダイは低速モードが1Mbpsでネット使い放題できるというサービスで、しかもかけ放題サービスが付いています。

以前はこのかけ放題サービスは5分かけ放題だったんですが、2018年7月1日以降、10分かけ放題にバージョンアップされます。

5分かけ放題のままだったら、G-call 10分かけ放題と組み合わせるメリットも多少はあったんですが。楽天モバイル側がスーパーホーダイのサービス内容を更にパワーアップしてきたんで、G-callと組み合わせる必要がなくなりましたね。

というワケで、楽天モバイルとG-call 10分かけ放題の組み合わせもなし、という事に。

終わりに

今回は便利なサービス・G-call 10分かけ放題について考察してみました。

ま、基本的にはかけ放題サービスのないMVNO(格安SIM)ブランドとの組み合わせが有効ですね。

いずれはこのかけ放題サービスも、15分かけ放題とか、30分かけ放題とかになっていきそうな気がしますが、どうなっちゃうんでしょうか。

この記事が少しでもあなたの楽しいスマホライフに役立てれば幸いです。

 

Tipsカテゴリの最新記事