楽天モバイルのスーパーホーダイは1Mbpsで動画が見放題!!

楽天モバイルのスーパーホーダイは1Mbpsで動画が見放題!!

スマホでしょっちゅう動画を見ているそこのあなた。データ通信の量は足りてますか?

毎月、すぐに使い切っちゃって、追加でお金払ってデータチャージとかしてませんか?

あるいは、20~30GBのパケットの契約してて、これ、もうちょっと安くならないかなあ、とか悩んでいませんか?

結構高いですよね、容量多めのパケット代。ドコモで30GBだとパケ代8000円、auだと30GBで8500円、ソフトバンクのギガモンスターは50GBで7000円かかりますよね。

え、もうちょっと安いはず?あー、あれはナントカ割で割り引いた後の金額で宣伝してるんですよ。キャリアはそうやってインチキくさい事してくるんですよねー、いつも。

もし、もうちょっと安い金額で動画が見放題になるサービスがあったら、使ってみたくないですか?

この記事では、そんなあなたにぴったりの格安SIM、楽天モバイルのスーパーホーダイについて解説しています。

楽天モバイルの料金プラン・スーパーホーダイについて

楽天モバイルは、格安SIM(MVNO)で一番ユーザー数の多い、大手のブランドです。その楽天モバイルが一押ししてる料金プランが、「スーパーホーダイ」という料金プラン。

これは、5分かけ放題+パケット通信枠(2,6,14,24GB)という、一見するとよくある料金プランなんですが、このプランのすごい所が、パケットを使い切った後の低速モード時の通信速度が1Mbpsになる、という点です。

1Mbpsあれば、サイトを見て回ったり、SNSの利用も普通に出来るし、動画サイトで普通画質の動画だったら、普通に見れちゃうレベルです。しかも、ネット使い放題になるんですよ。速度は遅いけど。

つまり、このスーパーホーダイの低速モードをうまく利用すれば、パケット代を気にせずに動画が見放題になる、ということです。

スーパーホーダイの1Mbpsで見放題できる動画は?

楽天モバイルのスーパーホーダイの1Mbpsで、どんな動画が見れるのか?結論から言うと、メジャーな動画サービスはすべて見れます。

Youtube、AbemaTVなどの無料動画をはじめ、有料動画のhuluやNetflix、アマゾンプライムビデオなどなど。ただし、画質は普通程度の画質に限られますし、最初に読み込みの時間が少々発生したりするそうですが。

これらの話は、僕の知り合いで実際に楽天モバイルと契約して、スーパーホーダイを利用している人から聞いた話なので間違いないです。

それから、ちょっと大きな声では言いにくいんですけど、彼はアダルトなジャンルの動画も結構見ていて、高画質にしなければ普通に見れるよ、と嬉しそうに語っておりました。彼いわく、スマホの画面サイズなら多少画質を落としても問題ないんだとか。ま、その手の動画も見放題できる、ということですね。

スーパーホーダイはコスパがいい

このスーパーホーダイの月額料金は、一番安いコースで(楽天会員割引きを使えば)毎月1980円で利用出来ます。これは音声通話付きの値段です。

これがキャリア3社となると、音声通話込みだとドコモは10700円、auは9500円、ソフトバンクは9000円くらいかかります。金額の差は4倍以上。キャリア高すぎですね。

キャリアから楽天モバイルに乗り換えれば、毎月7000円くらい浮く計算になります。毎月7000円が自由に使えれば、美味しいものを食べに行ったり、新しい服を買ったり、新作のゲームを買ったり、映画を見に行ったり、新しいスマホを分割払いで買ったりとか、色々出来ることが増えていいですよね。

スーパーホーダイのデメリット

ここまでスーパーホーダイの良い点について語ってきましたが、実はスーパーホーダイの低速モードにも1つ問題があります。

スーパーホーダイの低速モードは、基本的に1Mbpsの速度になっていますが、混雑する一部の時間帯で速度制限がかかり、その時は0.3Mbps以下まで速度が落ちてしまいます。

一応公式サイトでは、12時から13時と、18時から19時の時間帯は制限される、と発表されていますが、僕の知人いわく、平日は通勤の時間帯、昼休み、会社から帰宅する時間帯あたりが速度が遅くなるとのことです。それら以外の時間帯では問題ない、と彼は言っていました。ま、通勤(退勤)時に電車内でいかがわしい動画は見ないでしょうから、そりゃそうだろうな、と僕は思ってしまいました。もちろん本人には言ってませんが。

楽天モバイル・スーパーホーダイはこんな人にオススメ

楽天モバイルのスーパーホーダイは、低速モード1Mbpsでネットが使い放題。それをうまく利用すれば、動画をがっつり視聴しても月額2000円程度で済みます。

これがキャリア3社との大容量パケットコースでの契約だと、毎月パケット代だけで7、8000円くらいかかるし、データ量をオーバーしたら速度制限かかるし(キャリアの通信制限は128kbps=0.128Mbps)、追加でチャージ料金を支払う必要が出てきます。

スーパーホーダイならパケット枠の残量や料金を気にせず、1Mbpsと低速ですけど、ネット使い放題、動画が見たい放題見れちゃいます。

楽天モバイルのスーパーホーダイは、動画を見放題したい人におすすめのサービスです。

スーパーホーダイを利用しないほうが良い人は?

スーパーホーダイのメリットは、低速モードで1Mbpsでネット使い放題ができる、という点に尽きます。なので、あまりスマホでネットを利用しない人には必要ではないでしょう。

それとスーパーホーダイの通話割引は5分かけ放題(※7/1から10分かけ放題に変わります)なので、音声通話をかなり利用する人で、5分かけ放題(10分かけ放題)では足りない、という人にも合わない料金プランですね。

これらに当てはまる人は、楽天モバイルのスーパーホーダイはおおすめ出来ませんね。

スーパーホーダイの月々の支払額について

楽天モバイルのスーパーホーダイを安く利用したい場合は、前もって楽天会員に登録して、楽天会員IDを取っておくことが重要です。これは過去に楽天市場で買い物をしたことがあれば、誰でも会員登録はしてあると思います。

もし、まだ楽天会員登録をしていなければ、まず最初に楽天会員登録をしておいてください。これをやっておけば、1年間、スーパーホーダイの月額料金が毎月1000円割引になります。

スーパーホーダイの一番安いプランは、データ量2GBのプランSです。あくまでも低速モードが目当てなので、契約するならこのプランでしょう。

プランSは楽天会員割引を使えば、2年契約の場合でも2年間は月額1980円で利用できます。

3年契約にすると楽天会員割引と長期割の適用で、最初の2年は1480円、3年めからは月額2980円になります。

ぱっと見では3年契約の方がお得な感じがしますが、3年めに2980円に上がるのが納得いかないのであれば、スーパーホーダイは契約時に契約期間を選べるので、契約期間を1年、または2年にしましょう。1年(2年)たったら、いつ解約しても解除手数料は請求されませんし、いつでも好きな時に解約できます。

これがキャリアだと、更新月以内に解約手続きしろ、とかワケの分からないことを言われて、強引に解除手数料を取り立てようとしてきたりしますが、楽天モバイルをはじめ多くの格安SIMはそんなヒドイ事はしてこないのでご安心を。

まとめ:楽天モバイルのスーパーホーダイはコスパ抜群の料金プランです

もし、月額2000円くらいで、ネット使い放題、動画が見放題できるプランがあったら?

楽天モバイルのスーパーホーダイは、そんな期待に応えてくれるコスパ抜群の料金プランです。

たしかに色々と制限もありますが、1Mbpsという速度でネット使い放題というサービスはなかなかありません。

もし、一つだけ心配なことがあるとしたら、それは、このスーパーホーダイというサービスがいつまで提供されるのか、という点です。

楽天モバイルは皆さんもご存じのとおり、2019年10月からの第四のキャリアとしての活動のために動いているので、いつまでこのサービスを続けられるのか、分からない部分があります。加入するなら早めに加入してしまった方が良いのでは、と僕個人としては思います。

楽天モバイルは過去に、通話かけ放題サービスを打ち切った事があります。もしかしたら、このスーパーホーダイも2、3年後にはなくなってしまうかもしれません。その可能性はゼロではない、と思います。

煽るわけではないですが、早めに加入しておいて今のうちに動画見放題を楽しんだ方がお得ではないでしょうか?

月額1980円で、1Mbpsでネット使い放題・動画見放題ができるサービスは、楽天モバイルのスーパーホーダイだけです。

↓↓楽天モバイルのスーパーホーダイの申し込みはこちらへ↓↓



MVNO(格安sim)カテゴリの最新記事