3万円以下で買える!おすすめ中古スマホ(白ロム) 2018年版

3万円以下で買える!おすすめ中古スマホ(白ロム) 2018年版

こちらの記事では、2万円以下で買える中古スマホ(白ロム)をいくつかピックアップして紹介しましたが、さすがに2万円以下だと、なんとか日常使用に耐えられるかな、というレベルのものになってしまいます。

もうちょっと予算を増額すれば、2万円以下クラスのものよりも満足度の高いスマホがゲット出来る可能性が高いです。

という事で、この記事では3万円以下(税抜き)で買える中古スマホ(白ロム)を主観たっぷりに紹介していきます。

iPhone6S

iPhone 6S

iPhone 6Sは、6と比較するとCPUやグラフィック、カメラ性能等がパワーアップしている機種です。

ROMの容量により中古価格も差がありますが、やはり16GBが一番安くて、128GBになると良品は軽く3万円を超えちゃいます。64GBを狙う場合、多少外観に痛みが見られる物だと2万円台で購入できたりします。

写真や動画撮影をヘビーにやらずに、SNSや通話、web閲覧が主な用途であれば16GBモデルでも十分使えます。価格も安いし、前者のような使い方をする向きにはお得感のある16GBモデルをオススメします。

 

iPhone SE

 

iPhone SE

iPhone SEは4インチサイズの液晶を備えた小型のモデルで、iPhone5Sの後継機的な位置づけの端末です。

しかしスペック的にはiPhone SEはiPhone6Sと同等の性能で、カメラ性能は6SよりもSEの方が性能が良いです。小型の端末が好きな人におすすめのiPhoneですね。

中古相場では、ドコモ版がやや高めの値段で推移していて、外観の状態があまり良くないものであれば3万円以下で購入できます。ソフトバンク版の方が相場はやや低めのようなので、今だったらLINEモバイルのソフトバンク回線タイプを使って運用するのもいいかも。

UQモバイルで使いたい場合は、UQモバイルで売られていたiPhoneかSIMフリーのiPhoneしか使えないんですが、32GBモデルであれば3万円以下で買えるものが少量ですが出回っています。

 

 

Galaxy S6 edge

Galaxy S6 Edge

特徴的なエッジディスプレイを採用した、Samsungの2015年フラグシップ機。性能的にもまだまだ使えるし、OSもAndroid7.0までアップデート出来ます。

バッテリー容量がやや少なめですが、急速充電に対応しているのでこまめに充電すれば十分使えます。

多少外観が傷んでいる物なら2万円台前半で購入できる物もあります。

 

Galaxy S7 edge

Galaxy S7 Edge

2016年発売のsamusungのフラグシップ端末。S6から続く特徴的なエッジディスプレイは健在です。

スペックもCPUはSnapdragon 820、RAM4GB、ROM32GBと十分すぎるレベル。前モデルよりもバッテリーの容量はアップしています。

程度の良いものは3万円を超える金額で取引されていますが、ランクCくらいの外観が傷んでいるものであれば2万円台で購入できます。

 

Galaxy Feel

Galaxy Feel

docomo with対象の2017年発売の機種。ミドルスペックという位置づけの端末ですが、Galaxyだけあってスペックは十分です。重たいゲームには向きませんが。画面サイズが4.7インチとコンパクトなモデルです。

新品が2万円ちょいくらいで売られているので、ここは新品を狙うべきでしょう。

 

HUAWEI honor 8

HUAWEI honor 8

2016年に発売されたハイエンドとミドルの中間くらいのスペックの機種。後継機のhonor9が発売されて値段がこなれてきました。

性能的には十分すぎるくらいで、デザイン的にも若者向けという事で、他のHUAWEI機種よりも野暮ったさが軽減されています。

新品が3万円を切っているので、狙うなら新品でしょう。

 

HUAWEI nova lite2

HUAWEI nova lite2

2017年発売の高コストパフォーマンス機。CPUはKirin 659、RAM3GB、ROM32GBとローエンド端末よりもスペック的には優れています。

中古なら2万円を切る価格で取引されていますが、どうせ買うなら2万円ちょいで買える新品を狙いましょう。

 

Motorola Moto G5s Plus

Motorola Moto G5s Plus

2017年に発売されたばかりのMoto G5s Plus。CPUはSnapdragon 625、RAM4GB、ROM32GBとスペックは申し分ありません。

DSDS対応のSIMフリー端末で、国内3キャリアのBand全てに対応しています(auに関しては、auの音声SIMを利用するDSDSはデータ通信が遅くなるという話もあるので注意)。

電子コンパスが搭載されていないのが欠点。新型のMoto G6シリーズがリリースされ、新品が3万円を切る価格で売られている所があるので新品を狙いましょう。

 

取り上げようと思ったけど、色々あって取り上げなかったスマホ

ここでは、オススメしようとしたけど色々と問題があってあんまりオススメできないな、と思ったスマホについて色々と書いていきます。

Nexus 5X

この機種自体はとても良くできていて、以前はアマゾンでお手頃な価格で販売されていました。

が、残念なことにこの機種には、無限に再起動を繰り返す「再起動ループ」という現象が発生するケースがあります。ちなみに自分が買った個体も、この再起動ループ病にかかり、お亡くなりになりました(涙)

この問題はGoogle側も認識しているようです。参考記事はこちら。

この現象のやっかいなところは、最初はこの症状が全く出ないところにあります。正常な個体が、半年~1年くらい使っていると、ある日いきなり再起動ループを繰り返すことに…

どうやらこの現象はすべての個体に発生するワケではなく、ある時期に製造されたロットで頻繁に起こるらしいんですが、詳細はちょっと不明です。

メーカーに修理に出しても有償修理になるでしょうし、これは当たり外れがでかすぎる、という事でオススメできませんね。

ちなみに、後継のNEXUS 6Pでも同様の症状が発生するとの報告が上がっているので、これから買おうという方はやめておいた方が良いと思います。

 

Z3以降のXperiaシリーズ

Z4は発熱の問題を抱えているのでオススメするのは避けました。まあそれを承知で買いたいという方は、自己責任でお願いします。

Z5は、発熱の問題は多少ましになったようですが、Z3に比べると何故か評価が芳しくないですねー。フラグシップ機という事で値段も高めだし、当然購入者の期待値も高くなりますが、そのハードルを超えられない程度のスペック、使い心地だったという事なのかもしれません。

XZ PremiumやXZ1あたりはさすがにZ5よりも高評価のようですが、新しめの機種なので中古でもまだまだ高いのがネックで、軽く3万円を超えてしまうのでおすすめは出来ませんね。

FREETELのスマホ

ぶっちゃけていうと、このメーカーの製品は初期不良が多いです。品質管理がいい加減なのか、十分にテストしてないのか、理由は定かではありませんが。なので発売直後の新品を買うのは絶対に避けるべきですね。

後期ロットならそれなりにまともになってるようですが、そもそも自腹で有料で製品を買ったユーザーにテストさせるとは、どういうつもりなのでしょうか。信者以外の方にはとてもオススメ出来ませんね。

ZTEのスマホ

ZTEのスマホ自体は、コスパの良い端末がいくつかあったりするのでそれほど悪い印象はないんですが(BLADE V8とか)、メーカー自体がアメリカから制裁を受けて以降、虫の息というか瀕死の状態で、今後のサポートとかOSアップデートとか、色々と大丈夫なのか!?と思わされるポイントがいくつかあるため、今から端末を買うのはあんまりオススメしません。

ま、端末をあまり長く使う気がないんだったら良いかもしれませんが。

中古スマホ(白ロム)を買う上での注意点

こちらの記事にも書きましたが、中古スマホを買う時に気をつけないといけない点が一つあります。

実は、キャリアによってSIMロック解除が必須になる端末が存在します。

■ 中古スマホを購入する場合に、SIMロック解除していないと使えない端末がある問題について

ドコモの端末はドコモ回線を使う格安SIMをそのまま使う事ができます(SIMロック解除の必要なし)。

しかし、auとソフトバンクの端末の場合、2017年7月31日までに発売された機種はSIMロック解除しないと格安SIMでは基本的に使えません。

au、ソフトバンク端末は2017年8月1日以降に発売された機種ならば、au端末ならau回線の格安SIMが使用可能、ソフトバンク端末ならソフトバンク回線の格安SIMが使用できます。

色々とややこしいので、基本的に中古スマホ(白ロム)を運用する場合はドコモ回線系の格安SIMにするか、あるいはモバイルWi-Fiを使うのがベターだと思われます。

(当ブログ「MVNO(格安SIM)基礎知識」より)

おわりに

この2、3年の間に中国系メーカーの製品のクオリティが驚く程向上してきている一方で、日本のスマホメーカーは完全に置いていかれつつあるような情勢になってきている、と実感する今日このごろですが、皆さんはいかがでしょうか。

HUAWEIも2018年夏あたりから、本格的にキャリア向けに端末をリリースするようになるし、白ロムに関してはiPhone、Galaxy、HUAWEIのスマホが中心になっていきそうですね。

品質や安心感を求めるとなると、やはりiPhone一択になっちゃいますね。どうして日本でこんなにiPhoneが人気なのか、よくわかった気がします(笑)

僕個人としては、スマホは精密機械だし、数年で交換していく類のものだという考えなので、10万円とか払って買う気にはなれないです。出せても3万円代までかな…3万円切るくらいが個人的にはちょうどよいレベルですね。

今回は3万円以下で買えるおすすめ中古スマホを紹介しましたが、この記事が多少なりとも貴方のスマホ選びの参考になれば幸いです。

スマホカテゴリの最新記事