2万円以下で買える!おすすめ中古スマホ(白ロム) 2019年版

2万円以下で買える!おすすめ中古スマホ(白ロム) 2019年版

スマホを中古で買う場合、最も重視されるのはコスト、つまり本体価格ではないでしょうか。

新品でない以上、ハズレをひくかもしれないし、場合によっては使い物にならなかった、なんて事もあるかもしれません。

中古のスマホはメーカー保証がきかないケースが多いし、ある意味壊れたら捨てる覚悟で買う事になってしまうワケなんで、あまり中古に大金を払いたくない、というのが人情ではないかな、と思います。

という事で、この記事では2万円以下(税抜き)で買える中古スマホ(白ロム)を主観たっぷりに紹介していきます。

※もうちょっと予算が出せる場合はこちらの記事を御覧ください↓↓

■ 2万円+αで買える!おすすめの新品・中古スマホ(白ロム) 2019年版

iPhone 6

iPhone 6

iPhone 6は5年前のモデルではありますが、まだまだ十分使えます。僕自身、今使ってるのはiPhone6です。バッテリーは新しいものに交換済みだけど。

iPhone 6は画面も4.7インチだし、5Sよりも性能は上なんで、よっぽど重たいゲームとかでがっつり遊ぶ、とかでない限りは普通に使えます。通話やSNS、webの閲覧がメインなら十分です。iOS12にも対応してます。

ただしメインカメラは800万画素とさすがに最近のモデルと比較するとレベル低めなので、カメラ性能にこだわらないという方にはおすすめです。

程度の良いものは20000円を超える物もありますが、外観に傷とか入ってる物なら20000円を切っています。

iPhone 6Sになると20000円を超えてくるので、20000円以下でiPhoneが欲しいんであれば、6か5Sのどちらかになりますが、価格差とスペックを考慮すると6が断然おすすめですね。

 

iPhone5S

iPhone5S

 

iPhone5Sは画面サイズが4インチのコンパクトモデルです。発売から6年が経過していますが、iOS12にも正式に対応される事になり、スペック的にはやや貧弱ですが、ライトユースであればまだ十分現役で使える機種です。

さすがに古い機種なので、iOS12環境ではアプリの起動などがややもっさり気味ですが、貴重なコンパクトサイズのiPhoneだし、通話やメール、SNS用途であればまだまだ普通に使えるモデルです。

端末の状態によっては1万円を切る価格で取引されていたりするので、予備機として購入するのもありかと思います。

 

AQUOS sense SH-01K

AQUOS sense SH-01K

2017年発売の、docomo with対応端末。新品のものが2万円を切る価格で売られていたりするので、ここは新品を狙いましょう。

5インチのIGZO液晶、RAM3GB、ROM32GB、指紋認証付きと、入門機的なミドルスペックスマホながらも十分なスペックを備えています。

カメラ性能はまあそこそこ、デザインも大してイケてない感じですが、そこら辺を妥協できるのならば悪くはない機種でしょう。


AQUOS sense SH-01K ブラック 白ロム Velvet Black 黒色 docomo

 

HUAWEI nova lite 2

HUAWEI nova lite 2

新品でも実売20000円を切る、HUAWEIの高コスパ端末。

CPUはkirin 659、RAM3GB、ROM32GBで背面カメラは12MP+2MPのデュアルカメラと、性能的には同社製のP10 liteよりも優れています。

AnTuTuベンチマークスコアはiPhone6以上のスコアを上げているので、普段使いには十分すぎる性能です。

お手頃な値段でそこそこの性能の端末を探している方にはぴったりの端末でしょう。

 

 

Motorola Moto E5

Motorola Moto E5

近年、じわじわとユーザーを増やしつつあるモトローラから発売されたローエンドの入門機。

CPUはSnapdragon 425(クアッドコア 1.4GHz)、RAM2GB、ROM16GBとスペックはいたってローエンドですが、新品で税抜き2万円を切る販売価格、余計なプリインアプリがほぼゼロのピュアに近いAndroid OS(8.0)、国内のキャリア回線の周波数に全て対応している等、良い部分もいっぱいあるDSDS機です。

しかし、AnTuTuベンチマークのスコアはぶっちゃけiPhone5sよりも低いので、本当にライトな使い方にしか向かない端末だと思ってください。

安くて手軽に使えるDSDS機を探している方にオススメです。

 

 

中古スマホ(白ロム)を買う上での注意点

中古商品を買う上で気になるのは、不良品を掴まされないか、万が一不良品を掴んだ場合、保証が効くのかどうか、というところではないかと思います。

ヤフオクで買う場合は、ブックオフやGEOなど、大手のストア出品で程度の良い物を選んでいけば基本的に問題はないです。

疑問点があったら入札前に質問してみて、返答がないような業者だったら避ければいいし、最悪動かなかったら返品すれば、基本的に受け付けてくれるはずです。返品を受け付けるという告示のない業者からは買わない方がいいでしょう。

アマゾンのマーケットプレイスで買う場合、結構業者によって当たり外れがあるので気を付けないといけませんが、仮に商品説明と全く違うものが送られてきたり、不良品だった場合は、マーケットプレイス保証を申請すれば返金されます。

iPhoneを中古で買う場合、以前はアマゾンのマケプレで格安に買えるものもあったりしたんですが、2019年1月4日以降はApple社と正規代理店契約をしていない業者は締め出される事になりました。

現在はソフマップなど、中古のiPhoneに関しては大手の業者からの出品が増えているので安心といえば安心ですが、お買い得度はやや下がったかもしれません。

アマゾン以外にもネットで中古スマホが買えるショップは色々とありますが、メジャーな所はイオシスやゲオモバイルですね。

[中古スマホとタブレットのイオシス]

[ゲオモバイル]

中古スマホはうまく活用すれば経済的なメリットがありますが、全くリスクがないワケではないです。そこら辺をよく見極め、よく考えて、賢く利用しましょう。貴方の楽しいスマホライフのために。

中古スマホ(白ロム)を買う上での注意点2

中古スマホを買う時に気をつけないといけない点がもう一つあります。

実は、キャリアによってSIMロック解除が必須になる端末が存在します。

■ 中古スマホを購入する場合に、SIMロック解除していないと使えない端末がある問題について

ドコモの端末はドコモ回線を使う格安SIMをそのまま使う事ができます(SIMロック解除の必要なし)。

しかし、auとソフトバンクの端末の場合、2017年7月31日までに発売された機種はSIMロック解除しないと格安SIMでは基本的に使えません。

au、ソフトバンク端末は2017年8月1日以降に発売された機種ならば、au端末ならau回線の格安SIMが使用可能、ソフトバンク端末ならソフトバンク回線の格安SIMが使用できます。

色々とややこしいので、基本的に中古スマホ(白ロム)を運用する場合はドコモ回線系の格安SIMにするか、あるいはモバイルWi-Fiを使うのがベターだと思われます。

(当ブログ「MVNO(格安SIM)基礎知識」より)

SIMロックの問題は色々と面倒なことになっているので、格安SIMを使う場合は、HuaweiなどのSIMフリー端末かドコモの中古スマホを使うのがとりあえず無難です。ご注意ください。

それとau回線なんですが、auはちょっと特殊でauのVoLTEに対応している端末じゃないと通話が出来ません。SIMフリー端末でもauのVoLTEには対応していないという端末はたくさんあるので、au回線で使う場合は注意してください。

中古スマホ(白ロム)を買う上での注意点3

新品やそれに近い状態の白ロムを買う場合は問題ありませんが、基本的に中古のスマホは全部バッテリーがへたっていて、バッテリーもちが悪くなっています。

特にiPhone5sや6などは5~6年前の機種なので、バッテリーの交換をされていない端末だったりするとバッテリーもちは最悪なレベルになっていると思われます。

なので基本的に中古のiPhone5sや6を買う場合は、修理業者に頼んでバッテリー交換をするか、アマゾンとかで互換バッテリーを買って自分でバッテリー交換をする必要があります。

古い機種なら修理業者によっては3,000円もかからない所もあるようです。

業者探しにはこちらのサイトが役に立ちます。

最近はAndroid端末の修理をやってくれる所もあるので、上記のようなサイトで探してみるといいと思います。

でもまぁバッテリー交換だけで1万円近くかかってしまうケースもあるので、予算をよく考えて機種を購入しないと高くつく事もあるので気をつけましょう。

予算2万円の中古スマホ、個人的なおすすめ機種は?

個人的には、iPhone6を中古で買ってきて、自分で互換バッテリーを用意して交換して使うのがベターなんじゃないかな、と思います。バッテリー交換ぐらいなら、慎重にやれば素人でもわりと出来たりするんで。

iPhone5sは端末が小さくてパーツがぎっしり詰まってる感じなんで、かなり気を付けて作業しないとロジックボード傷めたりして壊してしまうのであんまりおすすめしません。ちなみに僕も一台ぶっ壊してます(笑)

なんでAndroid端末じゃなくてiPhoneをすすめるのかというと、

・iPhoneは一番普及しているので中古の弾数が多い

・iPhoneの方が修理業者が多いので、修理した方が安い場合は修理で済ませる事が出来る

・iOSのサポート期間が長いので、古くて安い機種の寿命が長い

・古い機種でもケースなどのアクセサリー類が手に入りやすい

・ワンセグが付いてないので、NHKに加入する必要がない

以上の理由からですね。

Android端末はすべて上記と真逆で、特にOSアップデートは1回あればいいかなーぐらいの感じだし、ハイエンド機以外はろくにサポートされなかったりするんで、使い捨て感がiPhoneよりも高い感じですね。

特に最近のスマホは全てバッテリー内蔵型なんで、バッテリーの寿命=スマホの寿命、という傾向になってますし。

この記事では「予算2万円」という条件で機種選びをしていますが、あと何千円か足せばもうちょっとスペック的に良い端末が買えるんですが、まぁそれはまた別の記事で紹介しようかと思います。

この記事が少しでもあなたのスマホライフに役立てれば幸いです。

 

スマホカテゴリの最新記事