Amazon プライムビデオで海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」シーズン4をみたので感想など(ネタバレあり)

Amazon プライムビデオで海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」シーズン4をみたので感想など(ネタバレあり)

Netfrixで「GOTHAM/ゴッサム」を見続けてきたんですが、シーズン4は動画配信サービスではまだまだこれから、という感じで、見るとしたらDVDを買うかレンタルするか、というのが2018年11月の現状です。

色々と調べたところ、アマゾンのプライムビデオで有料ですが、レンタルもしくは購入で視聴できることが判明しました。

ちょっと迷いましたが、レンタルはシリーズ一括でも30日以内という制限があるし、DVDを買うよりは安いのでシーズン4を一括購入して視聴しました。まあ8,000円しないくらいの値段だし、22話だから金額的にはこんなものかな、ということで。

というワケでこの記事では「GOTHAM/ゴッサム」シーズン4の感想を書いていきたいと思います。

シーズン1、2、3については以下の記事を参照してください。

■関連記事:Netflixで海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」シーズン1をみたので感想など

■関連記事:Netflixで海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」シーズン2をみたので感想など

■関連記事:Netflixで海外ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」シーズン3をみたので感想など

※この記事は「GOTHAM/ゴッサム」シーズン4のネタバレ的な内容を含んでいます。

ネタバレはまだ見たくない、という方はここから先は読まない方がよいと思います。

「GOTHAM/ゴッサム」シーズン4のストーリー展開について

さて。シーズン3の終盤でウィルスが撒かれて大混乱になったゴッサムの街ですが、ゴッサム市警の働きで混乱は収まったものの、治安の悪い状態が続いていました。

暗黒街の主導権を握ったペンギンは市長を巻き込んで、犯罪許可証を発行します。これを持ったものだけが自由に犯罪を行えるようになり、警察にも捕まらなくなる、というライセンスです。

この許可証のおかげで犯罪の発生率は低くなりますが、この制度に納得するジム・ゴードンではありません。ジムはハービーにペンギンの許可証を潰すよう相談しますが、警察の上層部からの指示なのでどうすることも出来ません。

他の警官たちもペンギンの許可証のおかげで自分たちの命の危険も減少しているので、この許可証を黙認しており、ジムはゴッサム市警内で孤立していきます。

一方、ブルースは独自にゴッサムの街を監視し、黒い服とフードを被って独自に治安維持活動らしき行動を開始します。アルフレッドはそれをサポートし、ルーシャス・フォックスはブルースのために特別な装備を用意してくれます。

バーバラに撃たれて意識不明だったブッチは、インディアン・ヒルからの廃液で汚染された沼に捨てられ、そのせいでゾンビに近い状態で生き返ることに。

バーバラはタビサに感電死させられたはずでしたが、ラーズ・アル・グールによって蘇生させられ、犯罪者に武器を売る仕事を開始。タビサとセリーナは、色々あった結果、再びバーバラと3人でチームを組むことに。

氷漬けにされて晒し者にされていたリドラーことニグマは、リドラーの熱烈なファンの女性によって救出されますが、冷凍されていたためか知性が劣化していて、簡単ななぞなぞも解けないレベルになってしまいました。

その女性の元から脱出したニグマは、生き返ったものの記憶を失ってさまよっていたブッチ→ソロモン・グランディと再会。色々あって2人は友達になり、ニグマは自分の脳機能を回復させる資金作りのために、ナローズ地区のチェリーの店に行き、そこでグランディを戦わせて金を稼ごうとします。

チェリーの店にはなんと、ゴッサムを去ったはずのレスリー・トンプキンスがドクターとして在籍していました。リーは自分がウィルスを散布させたことに責任を感じ、ナローズ地区で医師として活動しながら、チェリーの店でドクターの仕事もしていました。

ラーズの襲来に備えていたブルースは、バーバラがオークションで落札しようとしていた短剣を手に入れ、歴史学者の博士に調査を依頼。

調査の結果、その短剣でラーズを殺せる事が明らかになりますが、博士と孫は殺されてしまいます。責任を感じたブルースはブラックゲート刑務所に服役しているラーズの元に潜入、ラーズに自分を殺すように言われ、激情にかられてブルースが短剣でラーズを刺すと、彼はミイラ化して死亡。

これ以後、ブルースは感情の整理がつかなくなり、荒れて夜な夜な飲んだり遊んだりとグレてしまうことに。アルフレッドとの関係も悪化し、ブルースはアルフレッドを解雇してしまいます。

ペンギンの影響力を問題視しているジムは、引退したドン・ファルコンの元を訪れます。そこでジムはファルコンの娘・ソフィアを出会うことに。

数日後にソフィアはゴッサムの街に来訪。ペンギンを潰して自分がゴッサムの裏社会を支配するために活動を開始します。

プロフェッサー・ピッグによる残酷な警官殺しなどの事件が起こりますが、それもソフィアの計画の一部でした。ソフィアの暗躍により、ハービーは失脚、ジムは警部になりゴッサム市警を率いることに。これもソフィアが手を回していました。

更にソフィアは、自分を連れ戻しにきたファルコンをテロを装って殺害。自分を裏切ろうとしたジムを殺そうとしますが、間一髪のところでナローズ地区の女王となったリーがソフィアを撃ち、ジムは命を救われる展開に。ソフィアは意識不明の重体となります。

失脚したペンギンはアーカム・アサイラムに収監されますが、ジェロームと結託して脱走を図り、ジェローム、ペンギン、スケアクロウ、テッチなど凶悪な犯罪者たちが野放しになることに。

シーズン3終盤でDNAを変化させる怪しい薬を飲んだアイビーは、また新しい姿と能力を手に入れ、独自に行動を開始します。友達だったセリーナに声をかけますが、すっかり凶悪化したアイビーをセリーナは拒絶。

ウェイン産業関係者から情報を収集していたアイビーはブルースに毒を注入して立ち去りますが、ジムの追撃を受けたアイビーは自分を見逃すのと引き換えに解毒薬をジムに渡して姿を消します。

アイビーの毒を受けたブルースは幻覚を見ますが、その中で本来の自分のあるべき姿に気づき、ジムが持ってきた解毒薬で命を救われます。

ブルースはこの後、アルフレッドと和解、2人は元の関係に戻ることに。

ラーズが死んだ後、バーバラの体に異変がおこり、彼女の前に「影の同盟」が出現。バーバラを盟主と認めるかどうかで同盟は2つに別れます。

分裂した影の同盟の一方がブルースの血を使ってラーズを蘇生させ、ラーズはバーバラに渡した印の力の返還を求めます。バーバラは抵抗しますが、タビサの命を救うために印の力をラーズに返してしまいます。

ブッチとしての記憶を失っていたグランディは、タビサに殴られたショックで記憶を取り戻しますが、アーカムから脱走したペンギンに体を元通りにする事を条件にタッグを組むことに。

アーカムから脱獄したジェローム、テッチ、スケアクロウらは共謀して活動を開始。街は危険な状態に陥りますが、ジムとハービーの活躍で街は救われます。

ジェロームの狙いは双子の兄弟のジェレマイアとブルースでしたが、2人は無事に危機を脱することに成功、したかに見えましたが、ジェロームの仕掛けた最後の罠でジェレマイアはスケアクロウの作ったガスを浴び、人格に変調をきたすことに。当のジェロームはビルから転落死してしまいますが。

第二のジェロームと化したジェレマイアは、ジェロームの信者を引き連れてテロを開始。ウェイン産業の協力で開発し、街の各地に設置された次世代型の発電機を爆弾化してゴッサムの街を破壊する計画を発動します。

ジムとハービーの活躍でジェレマイアの計画は失敗に終わりますが、復活したラーズがジェレマイアに協力を申し出て、ゴッサムの街は再び危険な状態に。

セリーナはブルースの眼の前でジェレマイアに撃たれて倒れ、ジェレマイアは逮捕されることに。

ジェレマイアの仕掛けた爆弾で橋が破壊され、戒厳令が敷かれて軍がやってきます。

バーバラはラーズと決着をつけるために戦いますが、ブルースを利用して2人で短剣を刺し、ラーズを倒すことに成功。

ストレンジ教授の手で元に戻ったブッチですが、タビサの眼の前でペンギンに撃たれて死んでしまいます。全てはタビサに母親を殺されたペンギンの復讐のためでした。

リーとリドラーはお互いを刺して倒れますが、ペンギンは2人を蘇生させるようストレンジに要請。

ゴッサム市民は街から避難することになりますが、ブルースはゴッサムを守るために残ることを決意し、セリーナをアルフレッドに託します。

今後、ゴッサムの街にはヴィランや犯罪者が跋扈することになりますが、ジムをはじめ街に残る警官、そして少数ながら善良な市民も存在します。

混沌としたゴッサムは、これからどうなっていくのか…

個人的に注目のキャラについて色々

【ジム・ゴードン】

ソフィアと色々ありつつも、なんだかんだでリーを大切に想っているらしいゴードン。

まあよくも悪くも警部になったし、シーズン4ラストで屋上から空に向かってライトを照らす、例のやつをやってくれたんで良かったです(笑)

主役という事もあって、ブルースよりも強いキャラですが、ダークナイトになっていくブルースとどう協力していくのか、次のシーズンが楽しみですね。

【レスリー・トンプキンス(リー)】

シーズン4ではニグマことリドラーといい仲になって、ジム、ニグマ、リーで三角関係っぽい感じになってましたが、最後は互いに刺しあって倒れることに。

ペンギンがストレンジに2人の蘇生を命じてましたが、どういう形で復帰するのか、そして復帰した後、どういう立ち位置で行動するのか?次のシーズンが楽しみですね。

【ブルース・ウェイン】

シーズン4ではグレてしまったりと色々あったブルースですが、荒れ果てたゴッサムにジムとともに残ることを決意。これから街を守る自警団として行動するようですが、ラーズの予言どおりにダークナイトになるらしいブルース。

今後の展開が楽しみですね。

【バーバラ】

シーズン3で死んだはずのバーバラ。まさかラーズによって蘇生されていたとは思いませんでした。

シーズン4のラーズとの決戦で、ブルースと共にラーズを倒したり、シーズン4のラストでは女性のみの軍団を結成していましたが、これからゴッサムでどう活動していくのか。

おそらくペンギンと対決していくのだと思いますが、どういう展開になっていくのか、今から楽しみですね。

「GOTHAM/ゴッサム」シーズン4全体の感想

シーズン4は、個人的にはちょっとぐだぐだ展開だったシーズン3よりも面白かったです。ストーリーの起伏や展開も良かったし、あんまり不満はなかったですね。

勢いでシーズン一括購入してしまいましたが、面白かったんで後悔はしてないですね。

しかし残念ながら、本国では視聴率が振るわなかったらしく、シーズン5で終了、そして話数が減少という感じらしいですが、個人的にはとても楽しみですね。

2019年に海外で放送するらしいんで、アマゾンビデオで購入出来るのは1年後くらいかなー。ちょっと分からないけど。

シーズン5ではいよいよバットマンが登場、みたいな記事を見ましたが、どうなのかなー、と。

シーズン4でも、いよいよブルースがバットマンへの道を進み出す、みたいな事が言われてましたが、シーズン4でブルースが着ていた防弾素材の服とか、ネットでリークされてるシーズン5でブルースが着るコスチュームのデザインを見ると、バットマンからは程遠いんですよね。

シーズン5でのブルースの装備

作中でラーズが「ゴッサムは炎に焼かれ、ダークナイトが誕生する」と語っていて、当然ラーズのいうダークナイトになる人物というのはブルース・ウェインなワケなんですが。

つまり、ブルースが将来的になるものとは、バットマンではなくてダークナイトなんじゃないのかな、と思うんですよね。

実際、ジョーカーっぽいキャラクターとしてジェロームやジェレマイアが登場していますが、彼らはジョーカーではないし。キャットウーマンっぽい存在のセリーナもそうですよね。キャットウーマンを匂わせているけど、正式にキャットウーマンになっているという感じでもないし。

そこから考えると、ブルースはバットマンっぽい存在・ダークナイトになる、という感じになっていくのかな、と個人的には思います。

まあこのドラマの主人公はあくまでもジム・ゴードンなんで(笑)、仕方ないところかもしれませんけど。

個人的には、ヤングバットマン的なものが見たかったですね。このドラマのブルースは高校生ぐらいの年齢なんで、今のシリーズのスパイダーマンみたいに、高校生のブルース・ウェインがバットマンになる、みたいな、そういうのが個人的には見てみたかったかなー。

シーズン5はどんな風になるのかは分かりませんが、今から次のシーズンが楽しみです。個人的に期待してます。

 

Webサービスカテゴリの最新記事