バッテリー持ちの良いbluetoothイヤホンSX-991を買ってみた

バッテリー持ちの良いbluetoothイヤホンSX-991を買ってみた

iPhoneからイヤホンジャックがなくなってからこっち、街でワイヤレスのイヤホンを使う人をよく見かけるようになりました。

AirPods使ってる人も結構見かけますが、あれはイヤホンにしては値段が高い(16,800円)。

そのためか、人それぞれ、色んなタイプのワイヤレスイヤホンを使ってますね。

一番よく見かけるのが、耳栓みたいな左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン。

 

 

次に多いのが、ケーブルを首に引っ掛けておけるスポーツ向きのワイヤレスイヤホン。

 

それぞれ利点があるんですが、完全ワイヤレス型は基本的に値段が高いのと、すぐに失くしてしまいそうなのでパス。

首に引っ掛けられるタイプは以前使っていた時期があって、選ぶならこのタイプかな、と思ってましたが、バッテリーの持ちが6~8時間とやや不安なレベル。

もうちょっとバッテリー持ちのいいやつないかなー、なるべく安いやつで。と思いながらアマゾンで探していたところ、こいつをみつけました。

 

 

ネックバンド型のワイヤレスイヤホン。スペック上では再生時間は16時間で、ケーブルは巻き取って本体に収納可能。そしてなんとなくカッコイイかもしれないと思わせる外観。いいねコレ。

というワケで、この近未来チックな(?)デザインのネックバンド型イヤホン、SX-991を購入してみたので色々解説していきます。

SX-991の外観などについて

この製品の正式な名称はどこにも書いてないので不明です。とりあえず型番がSX-991らしいので、この製品をSX-991と呼ぶことにします。

SX-991は小さめのダンボールの箱に入って送られてきました。最近の中国メーカーによくある、白い綺麗な化粧箱は使われていません。パッケージには力入れてないみたいですね。

中に入っているのは本体、説明書、USBケーブル、イヤーパッド大小。

SX-991同梱されているもの一覧

説明書は英語で書かれていますが、この商品の購入後に販売元からメールが送られてきて、そちらに詳しい操作方法が日本語で説明されていたので助かりました。

本体の裏側にカバーキャップ付きのマイクロUSB端子があり、充電はそこから行います。USBケーブルが付属しているのはそのためですね。

イヤーパッドについては、とりあえず最初から付いているものでぴったりだったので僕は使用しなかったです。

本体はこのように折りたたんでコンパクトに出来ます。

本体を折りたたんだ状態

ヒンジの部分を拡大。強度的にどの程度まで耐えられるかは不明。やや不安の残るところかも。

ヒンジ部分を拡大

イヤホンケーブルを伸ばすとこのような状態に。長さ的にはもう少し長く出来ます。

イヤホンケーブルを伸ばした状態

しかしまあ細いケーブルですね。ワイヤーケーブルとはいえ、断線の不安が多少あります。収納する時は、本体の左右にある収納ボタンを押せば、一瞬で巻き取られて収納されます。掃除機の電源コードみたいな感じです。

本体の画像。色は4色で黒・白・赤・青があります。今回は白を選んでみました。

SX-991本体

SX-991の使い方

SX-991本体の操作方法は、下の画像を見ればすぐに分かるかと思います。

出典:Amazon.jp

さて。SX-991はBluetooth接続のイヤホンなので、まずはスマホとペアリングしないと使えません。買った時点では、まだ日本語の説明書きのメールは届いていなかったので、テキトーに「通話開始/終了ボタン」を長押しとかしてたら、スマホのBluetooth設定画面にSX-991が表示されたので、タップして接続してやって完了、でした。

メールで送られてきた説明書きは一応日本語なんですが、ところどころ怪しい日本語になっていて、特にペアリングの項目は意味がわからない状態。

以下、読み取って分かった範囲で操作方法を解説します。

●音楽を聞いている時の操作方法

1.音量ボタンの+を押すと早送り、-を押すと巻き戻し

2.音量ボタンの+を長押しで音量UP、音量ボタンの-を長押しで音量Down

3.音楽の停止・再生は、通話開始/終了ボタンを1回押す

●通話時の操作

着信を受ける時は、通話開始/終了ボタンを1回押す。通話を終了するには、通話開始/終了ボタンを1回押す。

着信を拒否する場合は、通話開始/終了ボタンを2秒以上長押しする。

●充電する時の注意点

充電時は、必ず本体をたたんだ状態にする。

充電中はLEDランプが赤く光り、充電が終わるとLEDは消灯する。充電時間は約3.5時間。

まあイヤホンなので、特別ややこしい操作とかはありませんね。

SX-991を使ってみた感想

まず、本体ですがプラスチック製だし、イヤホンなので軽いです。重さは気にならないレベルです。

イヤーキャップ部は耳栓のように耳の穴をしっかり塞ぐタイプ。すぐに耳から落ちたりする事はないし、周りの余計な音が入ってこないです。その分、周囲の状況に気づきにくくなる(耳がふさがっているから)ので歩行の時などには注意が必要でしょう。

音質は低音部が強調されて聞こえます。イコライザーがデフォでかかっているような聞こえ方で、これはちょっと好みが分かれる部分かも。

そしてバッテリー持ちですが、かなりいいですね。大体カタログスペックどおりのバッテリー持ちの良さで、充電の回数が少なくて済むので助かります。通勤の行き帰りでバッテリー切れになる事もないし。

無線の状態も安定していて、途中でブツッと途切れる事もないです。完全ワイヤレス型だと、製品によってちょくちょく接続が切れるものがあったりするそうですが、SX-991は特に途切れたりはしないですね。

SX-991の長所

SX-991の長所は、やはりバッテリー持ちの良さですね。スポーツ向けの左右一体型のイヤホンの2倍くらいのバッテリー持ちです。

公称再生時間16時間だそうですが、実際に使ってみた感じは、まあ大体そのくらいの時間は再生出来ていますね。

僕の場合、週五日間、通勤の往復で2~2.5時間くらいSX-991を使用して音楽を聞いています。それでもバッテリー残量は半分くらいは残ってるんで、バッテリー切れに関してはなんの心配もいらないので助かってます。

もう一つの長所は、近未来っぽいデザインでしょうか(笑) 若い人には似合うと思います。

SX-991の欠点

本体の形状を見て予想はしてましたが、ランニング時に使用するのには向いてないです。

本体が上下にバウンドして、鎖骨にコツコツ当たって痛いです(笑) 一応、IPX4の防水性能らしいですが、これで走ったりするのはやめた方がいいと思うんだけど。

首周りになにか巻くとか、上にジャージ着るとかすれば多少はマシになるとは思いますが、あんまりおすすめはしません。

歩くぐらいだったら問題はないんですけどね。

まとめ:ネックバンド型イヤホンSX-991はナイスなワイヤレスイヤホンです

驚異の電池持ちと近未来チックなルックスのワイヤレスイヤホン、SX-991。

低音重視の音質は好みが分かれるかと思いますが、販売価格は3,000円以下だし、スポーツ用途には向いてないけど、ちょっと変わったイヤホンを探している人、あまりハイクオリティな音質を求めてはいない人にはおすすめのイヤホンだと思います。

↓↓SX-991をお求めの方はこちらへ↓↓


Bluetoothイヤホン ワイヤレス ヘッドフォン 16時間連続再生 折り畳み式 ネックバンド型イヤホン 伸び縮む耳栓 IPX4防水 ステレオ高音質 CVC6.0ノイズキャンセリング搭載 マイク内蔵 ハンズフリー通話 スポーツ仕様 IPhone&Androidなどに対応 [1年保証付] (レッド)

monoいろいろカテゴリの最新記事