Pixel Budsのリアルタイム翻訳がなんか凄いっぽい

Pixel Budsのリアルタイム翻訳がなんか凄いっぽい

僕は英語力ないので、海外ドラマとか洋画みても英語がさっぱり分からなかったりします。

そんな時にふと、英語ができたら色々と便利だろうなー、とか思うんですが、頑張って英語を身につけよう、みたいにはなれなくてそのまま放置、という状態のまま、現在に至る、という感じです。

誰か便利なツール開発して、リアルタイムに英語の音声や文字を翻訳してくれたらなー、とか思うんですが、それを現在やってくれているのが、Google翻訳のリアルタイム翻訳機能ですね。

英語の日本語化については、まだまだ微妙な翻訳結果だったりしますが、簡単な文章とかであればだいぶ精度が上がってきていて、いい感じになってきています。

さて。そんなGoogle翻訳ですが、実はPixel Budsという、リアルタイム翻訳機能に対応したワイヤレスイヤホンがGoogleからリリースされていました。

しかし残念ながら、このPixel Budsのリアルタイム翻訳機能は、GoogleのPixcelというスマホとPixel Budsとの組み合わせでしか使えないという残念な仕様になっていました。

それが最近になって、Googleアシスタントを介してリアルタイム翻訳を行うように改良され、Googleアシスタントに対応したヘッドセットなどであれば、Pixel Budsと同じようにリアルタイム翻訳ができるようになりました。もちろん、スマホもPixcel以外の端末でOK。

個人的に興味津々なんですが、こちらの記事にて実際にリアルタイム翻訳を使ってみたという報告が上がっています。

会話する時の具体的な操作方法にも触れられていますが、

実際の使い方は簡単で、まずはヘッドセットのファンクションボタンなどを押しっぱなしにして「Google アシスタント」の待ち受け状態にしつつ “スペイン語を翻訳して” などと発して翻訳する言語を指定します。

すると “Google 翻訳を起動します” と流れ「リアルタイム翻訳」待ち受け状態となるので、こちらから話すときはまたファンクションボタンを押しながら話します。

(中略)

逆に相手の会話を聞き取る場合は、Android スマートフォンで起動している「Google 翻訳」アプリの右下の紫色のマイクボタンをタッチして、相手にしゃべってもらいます。

という感じのようですが。

んー、もうちょっと操作の手間を減らしてくれればなあ、という気が。

こちらが話す時にファンクションボタン押しっぱなしで会話、というのはまあ良いとして、聞き取り時の「「Google 翻訳」アプリの右下の紫色のマイクボタンをタッチ」、というのがちょっと引っかかるというか。

これって、聞き取りのたびにタップしないといけないのかな?最初の一回だけなら問題ないと思いますが。どうなんだろ。

あとは翻訳の精度がどの程度のレベルで出来ているのか、という点が気になりますね。こっちの喋った言葉が正しく翻訳されて相手に伝えられているかどうか、というのは自分じゃ分からないし(笑) 変な翻訳されてたら困るよなぁ。実際どうなんでしょうね。

なんか完璧な自動翻訳機が一般に普及するにはあと20年はかかる、とかいう説があるようですが、僕的にはもっと早めに普及して欲しいですね。

Google翻訳の進化に期待したいと思います。特に英語と日本語の相互翻訳を。

気になる話題カテゴリの最新記事