ドコモ・au・ソフトバンクの対応周波数(Band)をまとめてみました

ドコモ・au・ソフトバンクの対応周波数(Band)をまとめてみました

SIMフリー端末や中華スマホなどを購入する際、買おうとしている端末がちゃんと国内のキャリアの回線に対応しているのか、しっかり確認したいところですよね。対応してなかったら使えないし。

この記事では、国内の3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の対応している周波数について解説します。

ドコモの対応しているBand

ドコモ回線は以下のBandに対応しています。

■ドコモ回線(4GLTE)

Band1(2.1GHz),Band3(1.7/1.8GHz),Band19(800MHz),Band28(700MHz)

ドコモのLTE回線で重要なのは、Band1,3,19です。Band28はおまけ程度なので今の所はそれほど重要ではありません。

特に重要なのは、プラチナバンドであるBand19ですね。ここに対応していない場合、ネットに繋がらないエリアが出てきてしまうケースが増えてしまいます。

中華スマホにありがちなBand1と3のみ対応している場合、都市部ではそれほど問題なくネットに繋がりますが、プラチナバンド無しでは郊外の方に行くと繋がりが悪くなってしまいますのでご注意を。

■ドコモ回線(3G W-CDMA)

Band1(2.1GHz),Band6(800MHz),Band19(800MHz)

ドコモの3G回線で主に使われているのはBand1と6。特にBand6はFOMAプラスエリアで使用している周波数で、山間部や地方で広く使われているBandなので、地方や山間部などでスマホを利用する場合に必要になってきます。

Band19はドコモの3G回線では、現在はあまり使われていないので気にしなくてOKです。

auの対応しているBand

■au回線(4GLTE)

Band1(2.1GHz),Band11(1.5GHz),Band18(800MHz),Band26(800MHz),Band41(2.5GHz)

auのLTE回線で重要なのはBand1,11,18,26です。

特に重要なのはプラチナバンドのBand18とBand26ですね。ちょっとややこしいんですが、Band26はいくつかの周波数(Band5,6,18,19)を内包しているBandで、Band18が使用できるのでauのプラチナバンドの場合は、Band18か26に対応していればOKです。Band11はそれほど重要ではないので、なくてもOK。

それからBand41ですが、これはWiMAX2+で使ってる周波数で、このBand41に対応していれば都市部などでWiMAX2+を利用した高速通信を使用することができます。

※auの3G回線について

auの3G回線は既に新規申し込みが終了し、停波へ向けて動いているのと、スマホでの通話は4Gを使うVoLTEが主流になっているので、au回線は基本的に4GLTEの対応周波数をチェックすればOKでしょう。

ただ、auのVoLTEにはちょっと問題があって、国内向けに発売されてるSIMフリースマホでも対応してないものもあったりするので、au回線で利用する予定の場合は、必ず購入する端末が実機でauのVoLTEに対応できたのかどうか、ネットで調べてから購入してください。

ソフトバンクの対応しているBand

■ソフトバンク回線(4GLTE)

Band1(2.1GHz),Band3(1.7/1.8GHz),Band8(900MHz),Band28(700MHz),Band41(2.5GHz)

ソフトバンク回線のメインのBandは1,3,8で、プラチナバンドはBand8と28。Band28はあまり使われていないので、あれば良いくらいといった感じで、必須のプラチナバンドはBand8の方ですね。

Band41はAXGP(SoftBank Airで使う)なのであまり気にしなくていいです。

海外版スマホはわりとBand1,3,8には対応していたりします。よく中華スマホにはワイモバイルがベストとか言われるのはそのためですね。

■ソフトバンク回線(3G W-CDMA)

Band1(2.1GHz),Band8(900MHz)

ソフトバンクの3G回線はBand1と8です。大抵のスマホはBand1と8には対応しているので問題はないでしょう。海沿いや山間部は3Gのエリアの方が広いですね。

まとめ:それぞれの回線で必須のBand

■ドコモ回線→ Band1,3,19(プラチナバンドはBand19)

■au回線→ Band1,18(または26) (プラチナバンドはBand18,26)

■ソフトバンク回線→ Band1,3,8(プラチナバンドはBand8)

 

とりあえず上記の3点だけでもチェックすれば、自分の買おうとしてるスマホがどのキャリアで使えるのかがすぐに分かるかと思います。

この記事があなたのスマホ選びに役立てば幸いです。

Tipsカテゴリの最新記事