Galaxyのタフネスモデル「Galaxy S8 Active」が気になってたりして

Galaxyのタフネスモデル「Galaxy S8 Active」が気になってたりして

日本でタフネススマホというと、京セラの「TORQUE G03」とか「DURA FORCE PRO」あたりを思い浮かべる人が多いでしょうね。

でも実は、SamsungのGalaxyシリーズにもタフネスモデルがあるんですよ。Galaxy Activeというモデルが。

かつては日本でも発売されていたんですが、近年はさっぱり国内キャリアからはリリースされなくなってしまいましたが。まあSamsung的には日本市場はハイエンド1機種オンリーで十分なのかもしれないなぁ。

現在発売されているGalaxy Activeシリーズの最新機種はこちら。

Galaxy S8 Active

Samsung Galaxy S8 Active

■ Galaxy S8 Active スペック

OS Android 7.0
CPU Snapdragon 835
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 5.8インチ Quad HD+ Super AMOLED(2960 x 1440)
背面カメラ 12MP,f1.7
前面カメラ 8MP,f1.7
バッテリー容量 4,000mAh

Galaxy S8 Activeはタフネススマホだけあって、防塵・防水はIP68等級、米軍規格のMILスペックに対応。

バンパー状のガードが筐体の四隅と背面パネルを縁取るように防護していて、Galaxy独特のEdgeディスプレイではなく、平坦な画面構造です。

CPUはSnapdragon 835を搭載、AnTuTuベンチマークは約16万点と、まずまずのスペックで普段使いならサクサク動いて快適な性能ですね。

ディスプレイは高解像度の有機EL、指紋&虹彩認証、Quick Charge 2.0に対応、大容量のバッテリー搭載と、目立った欠点の見当たらないナイスな端末じゃないですか。

唯一残念なのはOSがやや古いという点ですが、まぁ少なくともAndroid 8.0にはアップデート出来るでしょう。

日本のアマゾンでも売ってますけど、ぼったくり価格なんでe-Bayで探すと幸せになれそうです。中古だったら4万円くらいで買えそうな物件がぼちぼちありました。新品でも6万円しないくらいで買える感じですね。

いやー、なんかタフネススマホってちょっと気になっちゃうんですよね。どうしても必要か、と言われるとちょっと困っちゃいますが(笑)、なんかロマンがあるよね、タフネススマホ。

中華スマホでも怪しいタフネススマホが色々とリリースされてますが、やっぱGalaxy Activeシリーズには及ばないですね、クオリティ的に。

いいなー、ほしいなー、とか言いつつ今日も指をくわえて、ただ画像を眺めるのみでしたとさ。トホホ。

 

 

スマホカテゴリの最新記事