気になったので調べてみた:日本で働く外国人労働者の方向けのスマホの契約とか

気になったので調べてみた:日本で働く外国人労働者の方向けのスマホの契約とか

ここ数年来、外国人の労働者の方々が増えつつある日本ですが、やっぱり彼らもスマホを使いますよね、普通に。母国の家族に電話したりするだろうし。

おそらくはViberとか、通話料のかからないアプリで電話してるのかなと推測してますが。コンビニの無料Wi-Fiでも通話できるし。

まあでもSIMカード契約した方が便利だろうし、皆さんどうしてるのかな、とちょっと気になったので調べたら、ちょうど良いサイトが。

『Japan Working Holiday & Study Abroad -外国人向けの携帯電話契約-』

 

こちらのサイトでは格安SIMの利用をおすすめしていましたが、政府がやたらと格安SIMを普及させようとしていたのは、案外このためだったのかも、とふと思いました。日本に来た労働者の人たちが利用しやすいスマホ環境の整備、というか。

まあそれはともかく、いくつかの格安SIMがおすすめとして紹介されていますが、その中で個人的によさそう、と思ったのはLINEモバイルですね。

関連記事:LINEモバイルはゴミ?そんなことないよ。(契約してみたので感想など)

LINEモバイルのおすすめポイント

外国人労働者の方がLINEモバイルを利用するにあたって、僕が良いと思ったのは

1.オンラインで簡単に申し込みできる

2.クレジットカード不要!支払いはLINE PayカードでOK

3.ソフトバンク回線に対応している

この3点ですね。

1については、僕自身がオンラインで契約した経験から、かなり手軽に、スピーディーに申し込みが完了して好感触だったので。

ただまあ、LINEモバイルの公式サイトは日本語表記オンリーなんで、申し込みには日本語が分かる人が手伝ってあげた方が良いでしょうね。

契約の際に必要になるものは、

● 有効期限内の住所が登録された在留カード または 特別永住者証明書

● 補助書類(公共料金の領収証、住民票など)

● 契約者名義のクレジットカード または LINE Payカード

● 連絡可能なメールアドレス(GmailなどでOK)

以上の4点が必要です。

 

次に2のLINE Payカードですが、これはSuicaなどと同じプリペイドカードタイプのもので、以前はコンビニでも売っていたんですが、規約の変更かなにかで現在ではLINEアプリからの申し込み→郵送という形で入手するという流れになっています。

チャージはセブン銀行のATM、ローソンのレジでチャージしてもらうなどの方法があります。以下の記事が参考になるかと思います。

 

LINE Payカードの利用には銀行口座が必要になってきますが、クレジットカードは与信審査があるし、ハードル高いだろうなと思います。

その点、LINE Payカードなら敷居が低いし、気軽に使えるし良いと思いますよ。

 

そして3のソフトバンク回線に対応している、という点について。

これは推測ですが、日本に来る以前にスマホを購入している場合、多分SIMフリーの中華系メーカーのスマホを持っているケースが多いんじゃないのかな、と思われます。

そうなってくると、周波数的にはドコモ回線よりもソフトバンク回線の方が対応してるBandが多かったりするんで、LINEモバイルのソフトバンク回線で契約するのがベターな選択だと思いますね。

もしLINEモバイルで契約するなら、使っているスマホによりますが、ソフトバンク回線が使える端末ならソフトバンク回線をチョイス。(ドコモ系の端末ならドコモ回線で)

そしてSIMはデータSIMで(SMSは元からついています)。料金プランはコミュニケーションフリープランの3GBをとりあえず契約して、データ量が足りなければ後でプランを変更してもいいし、お金もったいないならコンビニのWi-Fi使ってもいいでしょう。通話はViberとかで。(iPhoneユーザー同士だったらFace Timeが使えるんですけど、海外だとiPhoneの普及率低いみたいだからなぁ)

LINEモバイルのお申し込みはこちらから↓

なんか日本政府はこれからもどんどん外国人労働者を入れる方針のようなので、今後はもっと日本にやってくる外国人労働者の方が増えるかと思います。

彼らが格安SIMをうまく活用していって、少しでも生活の足しになることを願います。

気になる話題カテゴリの最新記事