総務省からまたしても注文をつけられちゃうキャリア3社の明日はどっちだ!?

総務省からまたしても注文をつけられちゃうキャリア3社の明日はどっちだ!?

やれやれ。またしても総務省からのお達しが、携帯キャリア3社に出された模様。

『MVNOの「速度差別問題」に終止符~規則改正で大手に義務化へ』

つい最近、官房長官から「あと4割くらい料金下げれるんちゃう?」という厳しい指摘が入ったかと思ったら、今度は追い打ちをかけるように、総務省から「MVNO(格安SIM)に提供する回線の通信速度を平等にしろ」とのご注文が。

これ、ようするにサブブランドを優遇するなって言ってるんだと思うんですが。U○モバイルとか、ワ○モバイルの事だよね?

んーと、まあ実際にそういうエコヒイキがなされているかどうかは知りませんが、各MVNO(格安SIM)業者の通信速度は、設備投資(回線の増強)によるところが大きいのではないかと思うんですけど。

例えば、同じKDDI系列のUQモバイルとBIGLOBEモバイル。どちらもau回線を使用した格安SIMサービスをやってますが、UQモバイルの通信速度はめちゃ速いです。BIGLOBEモバイルのau回線はあんまり速くないですけど。

これは、単にUQモバイルの方はWiMAX+で稼いでいて資金力があるからだと思うんですけどね、個人的に。

ドコモ回線系の格安SIMだとLinksMateが速いですが、LinksMateはゲームアプリ関係で稼いでいるらしいから、その利益を回線増強に使ってるから通信速度が速いのでは、と思います。

回線を提供しているキャリアからしたら、大して回線使用料を払わない業者よりも、いっぱい料金払ってくれる業者の方に帯域回すのは普通の事だと思いますが。

どうしてもすべての業者の速度を平等にしろ、というのなら、最低限のレベルの通信速度を等しくする、というのが一つの落とし所ですかね。

どのMVNO(格安SIM)でも、最低限の通信速度を1Mbps以上になるように保証する、とかやってくれたらユーザー側としても助かるかなー。これだったら、昼休みの時間でもそこそこ快適にネットが使えるんで。

でもまあ元記事によると、

これに対し、大手キャリアは「サービスは公平かつ同条件(KDDI)」と反論していますが、総務省は「個別の事業者や通信内容に伝送速度を変えていけないルール」を明確にしたいとの考えがあります。

具体的には、電気通信事業法施行規則を改正し、企業同士が取り交わす約款に同ルールを記載するよう求めることで、実効性を持たせるとされています。

という感じなので、特別何かが変わるといったことはなさそうでちと残念。

 

それから話が変わりますが、例の官房長官の4割発言が色々と物議を醸しておられるようですが。

僕的には、4割がどうのこうのよりも、「料金の内容が不透明すぎる」という指摘を受けたことの方が問題だと思いますね。

キャリアの料金プランって、公式サイトみてもぱっと見じゃ一体いくらになるんだか、よく分かんないじゃないですか。だから不透明とかいわれちゃうんですよ。

大体キャリアの料金プランは、元になる料金プランに対して、それぞれナントカ割を適用すると月額がこれだけ下がりますよ、という感じなんだけど、そのナントカ割ってのがいくつもあったりして。

んで、そのナントカ割が適用されるには個別に色々と条件があって、更にややこしい事になってたりして。

いちいち公式サイトでシミュレーションしないと、正確な月額料金がわからないという。

最近、ソフトバンクがウルトラギガモンスター+という料金プランを発表しましたが、あれ、やたらと月額3,480円とか宣伝してますけど。

実際は、家族4人のみんな家族割、端末購入による1年おトク割、ソフトバンクの光回線契約のおうち割 光セットの3つの割引を適用した状態であの料金なんで。

一人でなんにも割引がつかない状態で契約したら月額7,480円ですよ。しかもこれ、かけ放題ではないんで、通話をかけ放題にしたら、月額8,980円になります。3,480円からはほど遠いなー。こういう宣伝の仕方をするから、「料金の内容が不透明だ」って言われるんじゃないの?

キャリア3社におかれましては、まずはこのような誇大広告の是正からはじめて欲しいと思いますが、如何でしょうか。

気になる話題カテゴリの最新記事