Amazfit BipをよりApple watchに近づけるためにカバー・バンドを購入してみた

Amazfit BipをよりApple watchに近づけるためにカバー・バンドを購入してみた

先日、GEAR BESTで購入したAmazfit Bipをこちらの記事にて解説しましたが、やっぱどうにも色とか外観とかが僕的にイマイチだったので、思い切ってバントとか交換してやる事にしました。

購入先は例によってGEAR BESTです。

GEAR BESTでカバーとバンドをGET

元々は高額なApple Watchのパチモンが欲しくて、中華製のAmazfit Bipを購入したんですが。ネットの画像と実物を比べると、意外と小さめなんですよね、本体が。

色も白っぽいグレーを買っちゃったし、本体の色も変えたい気分だったので、本体をすっぽりカバーできるものを購入しました。

買ったのはこれです。

『For Xiaomi Huami Amazfit Bip Rubber Band Protect Case Cover』

 

シリコンラバー製の本体カバー。1個300円もしないし、色違いで2つくらい買っておこう、と思ってブラックとオレンジを購入。

まあ想像していたとおり、実物は安っぽいです(笑) こんな感じです。

ブラックはまあ無難なとこでしたが、オレンジは買って失敗しました。もうちょっと質感がいい感じだったら良かったんですが。

これを装着すると、本体のボリュームが一回り増えていい感じになります。ちなみに取り付けの際には、バンドを外す必要があります。

あと、使ってて気付いたんですが。充電の時には、バンドを含めこのカバーを外さないと充電用のクレイドルにセットできなくなってしまうので、ちょっと面倒ですが充電するたびにカバーを取り外す必要があります。やや面倒ですが。

でもまあAmazfit Bipは充電の頻度は少ないので、僕的にはあまり問題ではないです、とりあえず。

 

さて。本体の色が変わるので、ついでにバンドも違うものに交換することに。

Amazfit Bip用の交換バンドは、幅が20mmのものであれば取り付けできます。

Apple Watchで使われているようなタイプのバンドがちょうどあったので、注文しました。

『20mm Silicone Watch Band Strap for HUAMI Amazfit Youth Ed.』

金額的には600円くらいですね。アマゾンでも似たようなものが売られてましたが、1,000円以上してたような気が。

とりあえず色は無難に黒系の色を選択。実物はこんな感じです。

 

このバンドについては特に不満はなかったです。色合い的にも悪くないし。

ただ、このタイプのバンドは、余った部分を内側に巻き込んで使うという形のものなので、僕のように手首の細い人だとバンドの余る部分が4~5cmくらいになってしまい、余ってる部分が邪魔すぎてまともに時計の装着が出来ません。これは盲点でした。

仕方ないので、僕はハサミでバンドの余剰部分をカットしましたが、なんかもっと良い処理方法はないもんかなー。

ちょっと見た目が悪くなってしまいましたが、切断した部分はバンドの内側に入る形になるので、目立たないのでとりあえず問題はありません。

よりApple Watchのパチモンらしくなった、Amazfit Bip

さて。届いたカバーとバンドを装着して、以前よりもApple Watchのパチモン感がアップした、と個人的には思っております(笑)

まあこんな感じです。

ま、とりあえず見た目が以前のライトグレーから黒に変わっていい感じになったので、僕的にはそれで十分かな、と。

カバー、バンドが両方共シリコンラバー素材で色合い・質感が同じで、見た目は安っぽいですが統一感があるので今回の買い物はまあ成功した方かな、と個人的には満足してます。金額的にも、送料込みで2,000円しなかったし。

Amazfit Bipのアクセサリー系は高級感を狙うよりも、むしろ今回のようなオモチャっぽい感じを狙う方が無理がなくていいかも、と思いました。

 

 

↓↓GEAR BESTでお買い求めの方はこちらへ↓↓

For Xiaomi Huami Amazfit Bip Rubber Band Protect Case Cover – BLACK

 

 

20mm Silicone Watch Band Strap for HUAMI Amazfit Youth Ed. – BLACK

スマートウォッチカテゴリの最新記事