2年縛り・4年縛りの見直しで何が変わる?→何も変わりません

2年縛り・4年縛りの見直しで何が変わる?→何も変わりません

先日、ドコモが2年縛りの契約更新時における契約更新月の期間延長を発表。

au、ソフトバンクもこれに合わせて更新月の期間を延長、さらに公取委から指摘を受けた4年縛りについても改善をするようです。

んで、これによって何か変わるんですか、というと…とくに何も変わんないでしょ。というのが僕の感想です。

まずは更新月についてですが、個人的にはこんなのいらないだろ、というのが正直なところです。

そもそも更新月というのは何かというと、2年縛りの期間終了後、自動的に今までの料金プランが継続されていく際、一定の期間だけ無料で解約できる期間を用意しましたよ、というのが更新月です。

つまり、更新月以外のタイミングで解約すると、解約手数料として約1万円を請求されるんですね。

記事によると、

定期契約とその自動更新については、一部のMVNOが「ユーザーの選択肢を狭めている」と指摘している。また公取委は、これらが行きすぎた場合、独占禁止法に定める「私的独占」や「取引妨害」に当たると指摘している。

しかし、各キャリアは定期更新の自動更新は「ユーザー(契約者)の手続きの手間を省き、不要な月額料金値上げを避けるための措置」であると考えている。

とありますが、これは単に客を逃さないために解約しずらくしてるだけでしょ。

解約したら金取られるし、いちいちショップまで行かなきゃならない手間を考えると、面倒くさいしこのままでいっか、みたいなノリでそのまま契約を続けちゃう人も多いのではないかと思いますが。

格安SIMには、基本的にこんな更新月とかいうものは存在しないですよ。音声付きSIMでも縛りは1年だし、1年過ぎたらいつ解約しても金取られないで解約できるし。

キャリア3社(&ワイモバイル)には、いい加減にこの更新月とかいうのを撤廃してほしいですね。格安SIMで出来る事が、なんで大手のキャリア3社で出来ないの?

次に、4年縛りについて。これについては、au、ソフトバンクともにプランの強制再加入はなくす方向で動くようです。

まあ個人的には利用者が望むのであれば、4年縛りで最新機種を購入すればいいんじゃないの、というスタンスなんですが、これについてちょっと面白い記事をみかけました。

こちらの記事では、Appleがアメリカなどで提供している「iPhone Upgrade Program」について触れています。

このiPhone Upgrade Programというのは、24回払いのうち、12回を支払えば新しいiPhoneに機種変更できる、というシステムで、今まで使っていた端末はAppleに下取りに出す(回収される)という内容です。

AppleがこのiPhone Upgrade Programを日本で開始すれば、最新のiPhoneを買いやすくなるし、わざわざキャリアで4年縛りの契約をする必要もないし、面白くなりそう。多分、端末はSIMフリーだろうし。

年々高額化が進むiPhoneですが、Appleとしても最近はHuaweiにおされてるし、iPhoneが売れてくれないと困るでしょうし、ぜひ日本でもiPhone Upgrade Programを開始してほしいところですね。

これが始まったら、日本でも端末の購入と回線の契約の分離が進んでいきそうな気が。個人的にはそっちの方向でいってほしいですけどね。

そもそも、この2年縛り・4年縛りのような問題がおきる原因は、端末と回線の契約をセットにしてるから起こるワケで。

端末はヨドバシとかビックカメラとかの量販店で買ったっていいでしょ。PCなんかは普通にそういう買い方になってるじゃん。

なんか、日本は携帯電話の時代の慣習を未だに引きずってるなあ、とか思ってしまいました。日本のスマホ業界の明日はどっちだ!?とか言いつつ今回はこのへんで。

気になる話題カテゴリの最新記事