スマホ代を極限まで安くする、誰でもできる3つの方法

スマホ代を極限まで安くする、誰でもできる3つの方法

皆さんもご存知でしょうが、2019年には消費税の値上がりが予定されています。

賃金の上昇がほぼない中で、物価だけは無駄にあがっていくワケです。やってらんねーな、マジで。

僕ら末端の労働者の可処分所得は、どんどん減っていく一方です。

そんな厳しい時代に対応できる、激安スマホ運用術を思いついたのでご紹介します。

スマホ代を極限まで安くする方法その1. SIMは格安SIMを使う

格安SIMはキャリアよりも安い月額料金で利用できますが、それでも音声通話SIMだと大体1700円前後かかります。

最近はみんな音声通話なんてあまり使わないし、050 PlusなどのIP電話で事足りるので、まず、音声通話SIMは捨てましょう。

データ通信SIMで十分ですよ。

データSIMなら容量少なめのプランにすれば月額1000円以下で済みますし。

特に、DMMモバイルでデータ容量を1~2GB程度で収めるのがかなり安く上がります

■ DMMモバイル(シングルコース)

ドコモ回線系の格安SIM。

基本料金は、データ使用量が1GB以内なら480円。2GBでも770円。ライトプランは速度遅いのでおすすめしません。

SMSに対応していて、150円/月で利用可能。

あと、Nuroモバイルの0SIMというのもあるんですが、通信速度が遅すぎてまともに使えないのでやめといた方がいいです。

今の所、最安値でまともな格安SIMはDMMモバイルですね。

このDMMモバイルで、SMS付きのデータSIMのデータ容量1GB(または2GB)を契約します。1GBなら630円/月、2GBなら920円/月の料金で済みます。

最近はSMS認証が必要なサービスが多いので、SMSは必須の機能なので必ず付けときましょう。

なお、ライトプランというのもありますが、速度が0.2Mbpsと遅いので個人的にはおすすめはしません。画像の多いサイトの閲覧もかったるいレベルの速度です。それでも構わなければ、かなり安くあがるので試したい方はどうぞ。

申し込みはこちらへ↓

【DMMモバイル】業界最安値水準

ネットをがっつり使いたい場合は、後述しますが有料Wi-Fiスポットを使いましょう。少々不便ですが、この際贅沢は言ってられません。安く使えるものをうまく利用しましょう。

それから、もし端末がないんだったら、中古でドコモのiPhone5Sを買うのをおすすめします。今だったら1万円を切ってるし、iOS12にも対応しています。

4インチサイズがイヤなら、iPhone6でも良いと思います。これも探せば中古で2万円以下で買えちゃいます

 

 

 

スマホ代を極限まで安くする方法その2. ネットはなるべく有料Wi-Fiスポットで

ネット使用によるデータ通信料金を節約するには、有料のWi-Fiスポットサービスを利用します。無料のWi-Fiスポットが理想ですが、いつも自由に使えるとは限らないし。

大きめのファイルのアップロードやダウンロード、動画やストリーミング再生などはWi-Fiで利用するようにすれば、データ量の節約が出来ます。

有料のWi-Fiスポットもいくつかありますが、Wi2 300はいちいちチケットを買わないと使えないスポットが多いのでやめた方がいいです。

おすすめは「docomo Wi-Fi月額300円プラン」です。

これなら全国各地にあるセキュアなWi-Fiスポットが300円/月で利用できます。別にドコモのスマホ契約がなくても、dアカウントを作れば申し込みは可能です。

 

 

docomo Wi-FiとDMMモバイルデータSIMで、スマホ代は1GBコースなら930円/月、2GBコースなら1220円/月になります。

スマホ代を極限まで安くする方法その3. 通話はIP電話やFaceTimeなどを活用する

今回紹介している方法では、音声通話SIMではないのでIP電話アプリを使って、電話番号をゲットします。

IP電話アプリも色々ありますが、データSIMで契約できるものは限られています。おすすめはSMARTalkです。

 

 

SMARTalkなら月額料金なしで使った分だけの請求で済むし、留守電機能もあるので便利。

通話品質はIP電話なんでLINEの無料通話レベルだと思ってください。VoLTEに比べたら良くはないですが、とりあえず通話は出来るし、安いサービスなんで品質についてはあきらめましょう。

SMARTalkの注意点として、12ヶ月間利用しないと解約されてしまうのと、アプリを起動したりいじったりしない期間が2週間以上になると、プッシュ通知を受け付けなくなってしまうという点がちょっと不便。でもまあ月額料金がないから、こんなもんでしょう。

基本的には、このSMARTalkの電話番号を職場関係とか用のオフィシャルな番号にして、プライベートな通話はLINEやViberやFaceTimeを利用しましょう。LINEの無料通話とかだったら、パケット代だけで済むんで。

基本的にあまり通話しない前提で話をすすめていますが、通話をそこそこするという場合は、基本的に待ち受けメイン+友人や知り合いとはLINE通話などで済ませたいところ。

もし、LINE通話などを長時間使う場合は、Wi-Fiスポットを利用すればパケット代の節約もできるので、Wi-Fiスポットの活用が節約の要になってきます。

自分から電話する場合、SMARTalkは30秒/8円で済みますが、通話料+パケット代がかかる事をお忘れなく。

10分かけ放題とか使いたいとか思っても、データSIMでは無理なんであきらめて下さい。そういうのは、経済的にゆとりの出来た時にやりましょう。

まとめ

最後に、もう一度「スマホ代を極限まで安くする、誰でもできる3つの方法」をまとめたいと思います。

1.SIMは格安SIM(DMMモバイル)を使う

2.ネットはなるべく有料Wi-Fiスポット(docomo Wi-Fi)を利用する

3.通話はIP電話(SMARTalk)や、LINEの無料通話、FaceTimeなどを活用する

以上の方法を利用すれば、月2GBのデータ容量でも1220円+SMARTalkの通話料で済みます。

多少、不便なところがあるやり方ではありますが、安くあげるには悪くない方法だと思います。

この記事があなたのスマホライフに役立てれば幸いです。

 

Tipsカテゴリの最新記事